茨城県信用保証協会

元気企業

2015年05月

anynext株式会社

通販業界の革新により、ものづくり業界や地域全体の発展を目指す

代表取締役 森 倫大
創業 平成23年4月
事業所 古河市三和176-10(本社)
東京都中央区八丁堀3-24-1 コンパートメント東京中央1207号(東京支社)
事業内容 通販(TV・カタログ・WEB)向け美容・アパレル商品等のマーケティング・コンサルティング、企画開発、卸売・販売
電話番号 0280-23-6068(本社)
03-5542-0156(東京支社)
URL http://www.anynext.jp

 anynext株式会社は、古河市に本社、東京に支社を置き、美容・アパレル関連商品のTV通販向けの企画開発・卸売事業、タレントを活用した商品力強化支援事業、自社ブランド商品の通販サイトを通じた販売事業、商品の企画やマーケティングに関するコンサルティング事業を手がけています。
 平成27年3月16日、東京支社を訪問し、森倫大代表取締役に話を伺いました。

創業の経緯

企業ロゴマーク。
様々な大きさで多様な色を持つ葉から、
次の芽をだすことをデザイン。

森社長は幼少の頃からサッカーでプロになることを目指していました。中学生の時に県の選抜メンバーに選ばれるなど、高い実力を持ちながらも夢に一歩及ばなかった悔しさをバネにして、慶應義塾大学に進学を果たしました。

在学中に多くの学友や大学の恩師から刺激を受けた森社長は、大学のインキュベーション組織を通して知り合った仲間と共に料理レシピのコミュニティサイト「クックパッド」の立ち上げに参加し、成功に導きました。この成功経験を基に、「起業して事業を成功させたい」との夢を学生の頃から抱くようになります。

卒業後は、大手コンサルティング会社等に就職して営業やマーケティング、コンサルティングの知識や技術など、起業に必要な力を地道に蓄えてきました。その後平成23年に当社を設立し、創業から4年と日が浅いにもかかわらず、現在では年商数億円を超えるまでに成長を遂げています。

“売れる”商品企画

当社の手がける事業の主軸は、TV通販番組向けの美容・アパレル関連商品の企画開発や卸売事業です。森社長が培ってきたマーケティング能力を活かし、TV通販会社には各番組の顧客層やニーズに合わせた競争力の高い商品の提案と卸売を行っています。

一方で、商品を製造するメーカー側にも独自のマーケティングに基づくTV通販向け商品の企画提案・コンサルティング事業を行っています。高度なマーケティングに基づき、TV通販会社とメーカーの橋渡しを行い、両者の事業拡大に貢献しています。

あわせて、タレント・芸能人・スポーツ選手などを起用した、化粧品や美容グッズなどの商品力強化支援事業も手がけます。

多様な取り組みで商品の競争力や訴求力を高め、効果的な販売方法を提案することで、当社の企画商品はTV通販番組で年間売上1位を記録するなど華々しい実績を上げています。

「どれだけ質の良い商品でも、売れるかどうかはその売り方に左右されてしまいます。大切なのは、基本的なマーケティングです。TV通販と一口に言っても、局ごと・番組ごとに顧客層は異なります。それを見極めてターゲットに合った商品を提供することや、番組制作者やメーカーに営業や折衝を行う中で、相手も気付いていない潜在的な顧客ニーズをつかむことが鍵となります。こういった詳細な分析によって、自信を持って“売れる”と言える商品を生み出すことができるのです。」
と森社長はおっしゃいます。

通販会社に商品を売り込みたい場合、一般的には実際に開発した商品の実物を提示して売り込まなければ採用してもらえません。しかし当社は、綿密なマーケティングを土台とし、番組側との事前相談なども行いながら、実物がない企画段階でも商品を採用してもらえる程の高い信頼を得ているそうです。

「取引先の潜在的なニーズを引き出すために心がけているのは、自分はあまり語らずに、相手に語ってもらうことです。なるべく聞きに徹することで、取引先の課題や考えが見えてくるのです。」
と森社長はおっしゃいます。

  • 化粧品やアパレル等、多数の自社ブランド商品を企画・開発。
    TV・雑誌等様々なメディアで取り上げられている。

通販業界の革新を目指して

通販業界は、通販会社、メーカー、卸売会社の3者から構成されます。通販業界では通常、商品企画・開発はメーカー主体で、通販会社・卸売会社が関わることはほとんどありません。販売する商品の在庫リスクはメーカーが持つため、メーカーにとっては大きなリスクと負担がかかっており、業界が疲弊しています。通販会社と取引ができる卸売会社も固定化が進んでおり、新規参入が進んでいません。

当社では、業界のこのような課題を解決する仕組み作りを進めています。

当社ならではの綿密なマーケティングに基づいて“売れる”自社ブランド商品を当社が企画し、TV通販番組で販売していくことに注力していく予定です。在庫リスクは当社が負担しますが、綿密なマーケティングで在庫リスクを低減し、製造は国内の信頼のできるメーカーに委託します。当社は製造に関与することで利幅を広げることができる一方、メーカーは在庫のリスクを抱えることなく高品質な商品作りに注力することができ、さらに通販会社は綿密なマーケティングに基づいた“売れる”商品を取り扱うことで収益拡大に結びつけることが可能となります。当社が、商品企画から販売戦略、製造、卸売まで一貫して関与し、業界に新たな風を吹き込むことで、業界全体の底上げを図ろうとしているのです。

「国内には、優れたものづくり企業が多数存在していますが、現状の古いシステムのままでは、そのような企業は疲弊して潰れていく一方ですし、通販業界も成長しません。この状況を変えるためにも、通販業界からものづくりの新しいプラットフォームを作りたいと考えています。」

森社長の力強い言葉には、通販業界や、日本の製造業への熱い想いが溢れていました。

“縁”から地域全体の発展へ

「当社の業務には、取引先の通販業者や商品製造を委託している国内外のメーカー、自社アパレルブランドのデザイナー、商品をプロデュースしてくれるタレントなど、“人とのつながり”が欠かせません。当社の業績は、そういった多くの協力者の方々によって支えられてきました。」

取引先やサッカー関係者からの紹介などをきっかけにして人脈を開拓してきたという森社長は、人との出会いや“縁”というものを何よりも大切にしています。

当社では、社会貢献活動のひとつとして、友人であり元Jリーガーの小松原学氏が主催するサッカースクールの共同運営を行い、サッカーを通じた青少年育成、北関東地域の発展に取り組んでいます。これはかつてのサッカー仲間というつながりによるものです。

「今後も本社は古河市に置き続け、県内企業との取引をどんどん増やしてつながりを強化していく方針です。現在、北関東地域全体が首都圏の発展から遅れを取っている状況にあります。それを変えるためにも、県内企業と協力しながら、古河という場所から茨城県や北関東地域を盛り上げていきたいと考えています。」
と森社長はおっしゃいます。

  • サッカーを通じ、青少年育成や地域の発展を目指す。
    東日本大震災被災地でもサッカースクールを開催。

おわりに

anynext株式会社という社名には、「次世代に何かを残したい」という森社長の思いが込められています。

森社長のお話の中で感じたのは、製造業なども含めた関連業界や、茨城県、北関東といった地域とともに発展していきたい、そのために力を尽くしたいという森社長の熱い想いです。

業界や社会、地域から必要とされる企業でありたいと願い続け、そのために何ができるかを常に考え抜き、良い意味で周りの方々をどんどん巻き込んで変革していく森社長の経営スタイルがとても印象的でした。

長く続いてきた業界の慣例やシステムを革新しようという試みには、これからいくつもの高い壁が想像され、それを乗り越えるのは容易な事ではないと思います。

しかしながら、森社長の困難に立ち向かう熱意や強い覚悟は、必ずやそれを可能とし、会社をさらなる成長に導くものと感じました。

今後の益々の発展をお祈り申し上げます。

  

2017年05月

保証だより平成29年5月号の掲載について

保証だより平成29年5月号を掲載しました。ぜひご覧ください。   平成29年度保証だより5月号   <今月の主なお知らせ> ・平成29年度経営計画の概要 ・平成29年度地方創生応援キャンペーンの...

続きを読む

2017年05月

茨城県創業支援融資に係る「要件・必要書類チェックシート」の制定について

今般、標記のチェックシートを制定いたしましたので、茨城県創業支援融資をお申込みの際には、ご利用ください。 当協会ホームページ「関係機関の皆様へ」のページからダウンロードいただけます。 なお、本チェッ...

続きを読む

2017年04月

ガス事業法の一部改正に伴う業種の取扱いについて

 ガス事業法の一部改正(平成29年4月1日施行)により、ガス小売事業への参入が全面自由化されたことに伴い、新たに「※ガス小売事業」が規定されました。  ガス小売事業は保証の取扱い上、物品販売業に分類さ...

続きを読む

2017年04月

自治金融の融資金利改定について

 自治金融の融資金利が、下記のとおり改定されますのでお知らせします。 1 新融資金利 年1.01%(現行 年1.06%)2 実 施 日 平成29年5月1日(月)保証申込受付分から 【自治金融の概要につ...

続きを読む

2017年04月

水戸ホーリーホックとのスポンサー契約の更新について

 当協会は、平成27年4月に締結した茨城県水戸市に本拠地を置くプロサッカーチーム「水戸ホーリーホック」とのスポンサー契約を下記のとおり更新いたしました。  本スポンサー契約は、茨城に拠点を構える公的...

続きを読む

▲Top