茨城県信用保証協会

保証制度

目的別【事業承継】

経営承継準備関連保証

保証制度目的・メリット・特徴パンフレット
保証限度額資金使途保証期間
経営承継準備関連保証 中小企業者が、事業承継が困難であること等を理由に事業活動の継続に支障が生じている他の中小企業者の事業を承継するために必要な株式や事業用資産等の譲り受けに生じる費用を支援する制度です。
2億8,000万円 他の中小企業者の事業を承継するために必要な以下の資金
・他の中小企業者が有する事業用資産等
・他の中小企業者(会社に限る)の株式等
運転資金 10年以内
(据置1年以内)
設備資金 15年以内
(据置1年以内)
経営承継準備関連保証
中小企業者が、事業承継が困難であること等を理由に事業活動の継続に支障が生じている他の中小企業者の事業を承継するために必要な株式や事業用資産等の譲り受けに生じる費用を支援する制度です。
要件

次の(1)又は(2)に該当し、経済産業大臣の認定を受けた中小企業者が対象になります。

(1)会社である中小企業者であって、次の①又は②の事由が生じていると認められること。
①他の中小企業者が事業を承継しようとする者の確保が困難であることを理由に事業活動の継続に支障が生じており、他の中小企業者の事業を承継するために必要な資産の譲り受けを行うもの。
②他の中小企業者(他の中小企業者が会社である場合にあってはその代表者)が健康状態や年齢等を理由に事業活動の継続に支障が生じており、他の中小企業者の事業を承継するために必要な資産の譲り受けを行うもの。

(2)個人である中小企業者であって、次の①又は②の事由が生じていると認められること。
①他の中小企業者が事業を承継しようとする者の確保が困難であることを理由に事業活動の継続に支障が生じており、他の中小企業者の事業を承継するために必要な資産の譲り受けを行うもの。
②他の中小企業者(他の中小企業者が会社である場合にあってはその代表者)が健康状態や年齢等を理由に事業活動の継続に支障が生じており、他の中小企業者の事業を承継するために必要な資産の譲り受けを行うもの。

※認定権限が経済産業大臣から都道府県知事に委任されており、認定申請窓口は茨城県産業戦略部中小企業課となります。

保証限度額 2億8,000万円
資金使途 他の中小企業者の事業を承継するために必要な以下の資金
・他の中小企業者が有する事業用資産等
・他の中小企業者(会社に限る)の株式等
保証期間 運転資金 10年以内(据置1年以内)
設備資金 15年以内(据置1年以内)
連帯保証人 原則、会社の代表者又は他の中小企業者(会社に限る)
担保 必要に応じて
融資利率 金融機関所定
信用保証料率 0.45%~1.90%
特別小口保険の場合は0.80%
責任共有 対象
特別小口保険の場合は対象外(100%保証)

▲Top